スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

猛暑の思い出

暑い日が続いています。
エアコンの利いたリビングから出ると途端に暑く
あっという間に汗だくになってしまいます。
私はそのような時にいつも思い出すことがあります。

10年以上前のことです。
リズとサラに出会う前の話ですが
『わんわん○○』というワンコと触れ合うことを目的とした
テーマパークへ行ったことがありました。
気温37度。 初めて経験する猛烈に暑い日でした。

でも生まれて初めて出会う珍しいワンコ達は
本当に美しくて可愛くて、私はもうメロメロ状態でした。
その時の写真が残っています。(当時はまだフィルムでした)

満面の笑みを浮かべながらワンコに触れている私と
暑さでぐったりとしたワンコとの2ショット


あ~ なんてこった(ーー;)
今ならそう思いますけど
当時は可愛いワンコと触れ合えてそれで幸せだったのです。

それから間もなくリズとサラを家族として迎え
リズサラへの愛情が深くなっていく中で
『人の為に働くワンコ達』にも思いを馳せるようになりました。

テーマパークや観光牧場、ワンコと触れ合える場所は沢山ありますが
そこで暮らすワンコ達は皆人懐っこく穏やかで優しい子。
飼育員さん達が愛情を注いで育てていらっしゃるからだと思います。

しかし、ただ人懐っこくて穏やかで優しいというだけではなくて
ワンコ達は皆それぞれにとても忍耐強いということ
それを忘れてはいけないと思います。

40度近い猛暑の中でベタベタ撫で回されたり、抱きつかれたり
子供に口に手を突っ込まれたり、耳を引っ張られることもあるでしょう。 
人ならとても耐えられませんね・・・

人の為に働くワンコは沢山いますけど
そのワンコ達が晩年だけでも家庭犬として
優しいお父さんとお母さんの愛情を独り占めして
誰にも邪魔されずお昼寝して、毎日のんびりお散歩して
平和な幸せな毎日を過ごすことができますように♪

スポンサーサイト

2010/08/23 16:55 | 楽しいワンワンCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

それって○○○○王国でしょ~?
私も行ったことあるよ~。
合唱の引率の帰りにお隣の遊園地に行ったんだけど、
遊園地で遊ぶのもなんだかな~と思って・・・。
その時にはもうチャコかりんと生活し始めていたけれど
その施設で、暑い中(私が行ったのは9月)屋根付きの建物にある椅子の下に
わんこがみんなで入り込んで涼んでいたのを見て可哀想だな~って思った。
あと、Mダックスだったと思うけど、
赤ちゃんが生まれて2~3週間の母犬&仔犬が見られるようになっていて
これは相当ストレスだよね~ってたーちと話したのを覚えてるよ。
だから閉園になったと聞いてホッとしたんだよね~。
一方で、別の場所のイベント用のわんこが大量放棄された時に
救済のお手伝いもしたことがあるの。
こき使われた上に末路が放棄だなんて、可哀想でたまらなかった。
人間って本当に身勝手過ぎるよね。猛省しなくちゃだよね。

No:1107 2010/08/23 19:27 | ちゃこぽん #hIs5x0pk URL [ 編集 ]

リズママさん、私もいつもその事を考えています。
人間の為にお仕事をする動物たちの存在は必要なことなのでしょうけれど、
でも、やはり、どこかしっくりとしないのです。
家庭犬として迎えたワンコさんなのに
人に触られる事に慣れる訓練までされて、
福祉活動をする必要があるのかしらって…
自分の年老いた親の面倒さえ見たくない人が
ワンコの訓練に勤しんで、ちょっとだけ、
他人への福祉の真似事しても仕方がないでしょうに…
まず身内のお世話に時間を費やした方が価値があると思うけど…

はァ、話が横道にそれました…

No:1108 2010/08/23 22:53 | Eggi #- URL [ 編集 ]

ちゃこぽん

王国の話は前にもしたことがあったねぇ。
熊本ってもの凄く暑いでしょ~。
珍しいワンコ達と触れ合えて嬉しかったとは言え
無知だった私もあの暑さは可哀想だと思った。

サーカス劇場にも入ったんだけど
周りの人達は皆楽しそうにしてたけど
私は、カラーリングされたプードルや
縄跳びをするワンコ達を見て血の気が引いたの。
当時ワンコへ対する知識は何もなかったけど
あの不自然な姿にとてもショックを受けてしまって
トレーナー達に対して怒りを覚えて
ここへは2度と入るもんかって思った。

閉園して良かったけど
似たようなところがきっとまだ沢山あるんだろうね・・・
同じ人間がやっていること。
ワンコ達に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

No:1109 2010/08/24 00:41 | リズママ #- URL [ 編集 ]

Eggiさん

日記を書きながらどうしてもわからないことがあったんです。
ふれあいの場のワンコ達はストレス環境にあるのに
なぜ触られることを嫌がらず
何をされても唸ったり噛み付いたりしないのか?って。

やはり『触られることに慣れる訓練』をしているのですね。
そうでなければふれあいの場へデビューさせるのは
あまりにも危険ですものねぇ・・・これで謎が解けました。

あのような所へ就職する人達というのは
「犬好き」と言う人達でしょうから
犬へ対して愛情(その人なりの)は注がれるのでしょうけど
それがどれだけ犬の心に寄り添ったものなのか・・・

世の中にはレスキューしたワンコ達に
サーカスをさせたり、福祉活動をさせたりして
そうやって運営を維持している所もありますね。
正直言ってわからないんです。
勿論命はとても大切ですけど
『命』と『犬らしく幸せに生きること』の
どちらがより大切なのか、考えてしまいます。

人を喜ばせることで生き長らえる犬がいる一方で
家庭犬として迎えられたのにわざわざ訓練をして
福祉活動をしなければいけない犬がいるなんて・・・
それで心を満たせるのは飼い主だけでしょうけど。

No:1110 2010/08/24 01:37 | リズママ #- URL [ 編集 ]

どこどこ!?
リズママがメロメロ状態v-10になった写真は。。。

動物を飼う人が皆、リズママ達の様に、
その動物を家族として迎えられる心があれば良いのにねぇ~´Д`;;;

心痛いねっ(҆◞◟҅。)

No:1114 2010/08/24 19:23 | たかピエール #- URL [ 編集 ]

たかピエールさん

当時の写真は『写るんです』だよ(爆)

たぶん皆、ワンコを『家族として迎える』つもりなんだと思う。
でも人間思考の愛情の押し付けで
(ベタベタ撫で回すこととか、着せ替え人形にしちゃうとか
 他所のワンコと追いかけっこさせるとか・・・)
そういうことをワンコの幸せだと思って疑わない。
間違った知識を持っているより
いっそ何~~も知らないほうが
ワンコの心に近付きやすいのかもしれないね。

No:1116 2010/08/24 20:27 | リズママ #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:1123 2010/08/26 06:20 | # [ 編集 ]

鍵コメさん

コメントありがとうございます(^^)

人のための働いてくれるワンコのお陰で救われる人もいます。
でもそのために何故ワンコが
我慢我慢の一生を送らなければいけないのでしょうね?

犬が犬らしく幸せに暮らしている姿を見て
その姿に癒されるというのなら双方がハッピーですけど
『沢山の制約の中にワンコを置いて人の為に働かせよう』
という発想が私には不思議でなりません。
そこから利益を生む(商売)となればなおさら・・・

No:1125 2010/08/26 14:30 | リズママ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。