スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

楽しいお散歩と悲しい出来事

お隣町のビーチへ。
脇本1

 脇本2

 脇本3

 脇本4

 脇本5

 脇本6

 脇本7

↑は親子サーファー。 
パパさんは先に海に入っていました。 親子でいいねぇ(^.^)

もう30年以上前の話になりますけど
小学校の夏休みには私も毎年このビーチに家族で海水浴に来ていました。
その頃はサーファーは一人もいなくて、夏が終わるととても静かなビーチでした。
それが今は週末になるといつも駐車場はサーファーの車でいっぱい。
ただのお散歩が場違い? という気さえして
少し居心地の悪さを感じてしまうのは私だけかな。
昔の静かな頃のビーチを知っているだけにこの様変わりにちょっと戸惑い・・・

それでもリズとサラとのお散歩は楽しくて
今日も、広くて美しいビーチを気持ち良く歩いてきましたよ~♪
そのまま何も起こらずに帰れたら最高! だったのにね・・・

駐車場で海に入る準備をしていた年配のサーファーの横に猫がいたんです。
食べ物を貰おうと待っていたのだと思いますが
サーファーの横からちっとも動かないので
てっきりそのサーファーに可愛がられているのだと思っていました。
ところが、私がその場を通り過ぎようとした瞬間、年配サーファーが
思いっきり猫の顔を蹴り上げたんです(T_T)
「コンッ」という大きな音がして猫は逃げて行きました。

ショックでした。
大きな人間が小さな猫にあんなに強い力で暴力を振るうなんて。
「なんてことするんですか!」って怒鳴りそうになりました。
猫が可哀想で、本当に悲しくて、年配サーファーが憎くて・・・
だけど、誰かに対して憎しみの感情を持ってしまった私は
暴力年配サーファーと同じじゃないかという気がしてぐっと堪えたのです。

暴力は感情の爆発。 
生き物を愛しむ心がない人に、海(自然)を慈しむ心なんてないでしょうねぇ。
そんな人を変えられるとも変えようとも思いません。
ただ、自分はそんな人にはなりたくないと思うのです。

スポンサーサイト

2011/09/04 20:27 | 日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。